ゲーム会社の求人なら株式会社サムザップ

社員インタビュー

プロジェクトマネージャー

―他にはない圧倒的な成長体験― プロジェクトマネージャー
エンジニアからプロジェクトマネージャー(PM)へ
大学卒業後、エンジニアとしてサイバーエージェントに入社しました。入社時はコミュニティサービスで1年半ほどサーバサイドエンジニアを担当後、2015年よりサムザップへジョインしました。
ネイティブエンジニアを2年担当した後、現在は新規タイトルのPMを務めています。
エンジニアからPMになって周りからフォローしていただくようになると、様々な経験を積んだ先輩が本当にたくさんいることを実感しました。
私と同じように別職種からキャリアチェンジした方や、別業界からジョインした方も多いので、相談先に迷うことがないですね。プロジェクトや職種が違っても、皆さん親身になってアドバイスをくださる環境はまさに“チーム・サムザップ”。スピード感のある職場環境のなかで、濃密な経験を積めていると思います。
チームが動く瞬間にワクワクする
スケジュールを管理する立場である以上、組織やコミュニケーションの変化に柔軟に対応するのはもちろんですが、私が“間に落ちたボールを正しく拾う”ことで、チームが前に進む瞬間があります。このポジションの醍醐味ですね。
まだ経験が足りない部分もあり、今はとにかくプロデューサーの意思をしっかり理解することに注力しています。いずれ自分自身の意思でチームを動かせるようになるのが理想です。
成し遂げたいことがある方と一緒に働きたい
ゲーム開発においては、作り手のこだわりを最大限に活かせるプロジェクト推進をしたいと考えているので、成し遂げたいことがある方と働きたいですね。私自身も自分で手を挙げて今のポジションを掴んだので、これからサムザップにジョインする未来の仲間には、ぜひ理想や野心を聞いてみたいです。