ゲーム会社の求人なら株式会社サムザップ

社員インタビュー

人事

―未経験でもチャレンジできる環境がある― 人事
広告からゲームづくり、そして人事部門へ
2007年株式会社サイバーエージェントへ入社。
インターネット広告営業、ゲームプロデューサーを経て、2013年にサムザップへ異動しました。マーケティング部門リーダーとしてプロモーションやユーザー分析業務を行いながらメンバーを育成。その中で「人の強みを生かす組織づくりに関わりたい」と思い、2017年より人事部門に参画。2018年より人事としてメンバーとともに奮闘しています。
これまで2回の産休育休を取得しています。
多様なバックグラウンドを持つチームだからこそ
「未経験でも任せる!だからこそ生まれるチームの層の厚さ」
サムザップにジョインして以来、マーケティング、人事の他にも未経験の分野に挑んでいます。熱意と意欲があれば未経験でもチャレンジさせてもらえるため、そこから実績と信頼を積み重ねれば、未経験でも大きな裁量を任せてもらえる環境だと感じています。
ちなみに、現在共に働く人事メンバーは全員人事未経験でサムザップ人事にジョインしており、積み重ねてきた経験も全く異なります。
多様なバックグラウンドを持ったメンバーと共に「今、サムザップ人事はどうするべきか」を議論しながらミッションを進めているため、毎日がとても刺激的で学ぶことが多いです。
コトに向かう
人事という人に向き合う仕事をしていますが、「コトに向かう」姿勢が大切だと実感することが多くあります。
組織・チームは目標=コトに向かって動くため、人事としてはチームメンバーがコトに向かって集中して走れる状態を作るために全力を尽くしています。
その中で意識するのが、「何のためにやるのか」「そこに力を注ぐ価値はあるか」ということです。
自分が腹落ちした上で仕事に向かうと、自ずとやるべきアクションが見えてくるので、仕事のスピードとクオリティが上がると考えています。
「組織の層が厚く、人材の強みを生かす」サムザップへ
10年20年先はまだイメージできておりませんが、短いスパンで考えると「サムザップの組織層を厚くし、人材の強みを生かす」会社にすることが目標です。
そして、大切なメンバーの強みをさらに伸ばし、より強みを生かすチーム編成が当たり前とされる会社にしたいと思っております。
元々事業についてあれこれ考えて動くのが好きなので、将来的にはサービス開発チームで活躍したいという思いもありますが、「人と組織を強くする」経験を積むことでキャリアも広がると感じています。
私には小さい子供が2人いますが、今後も仕事は続けていきたいですね。
毎日奮闘する私(両親)を見て、仕事って楽しそう!と思ってもらいたいです。