ゲーム会社の求人なら株式会社サムザップ

社員インタビュー

サーバーサイドエンジニア

―技術導入から文化づくりに繋げたい― サーバーサイドエンジニア
SIerからゲームエンジニアへ
SIerでウォーターフォール型の大規模開発を学び、一部要件定義を含む、基本設計~製造~各種テスト、運用/保守開発等を経験したあと、受託開発のゲーム会社へ転職し、大好きなゲームの開発に携わるようになりました。
しかし、受託開発という特性上、お客様との距離を縮めにくい部分があり、「自身もパブリッシャーになりたい」という想いからサムザップへ転職を決意。
サムザップでは「戦国SAGA」、「戦国炎舞 -KIZNA-」など各タイトルに携わり、現在は新規プロジェクトのエンジニア担当をしております。
エンジニアのチームビルディングやメンバーの進捗管理、技術的なジャッジ、メンバーの相談に応じるなど、業務内容は多岐にわたります。
チーム全員で課題に立ち向かえる環境
サムザップに入社して衝撃だったことは、各種KPIをチーム全員に日々共有し、課題と対策をチームで出しあって進めている点でした。
また、セクションを跨いでチーム全体で課題解決しようという意識も高いと感じます。今までは、トップダウンの目標や作業依頼だけが飛んでくる状況ばかりだったので、本当に刺激的です。
私自身はチーム全体の技術力向上、プロダクト品質の担保やプロジェクトの技術的課題解決責任を持つ立場にいるため、チームメンバーと自身のミッションに取り組めていることに大きなやりがいを感じています。
今後はよりリッチなゲーム体験を追求していきたい
お客様にリッチなゲーム体験をしてもらうため、ゲームのメインコンテンツ作りに集中できる環境を整備することが重要だと考えています。
リアルタイム通信や安定的にスケールするアーキテクチャ・サービスの採用、また仕組みを共通化し使いやすい環境にしていきたいと考えています。
メインコンテンツ作りに集中するという意味では、自分自身もそうですが、メンバーひとりひとりのスキル・開発効率アップも大切です。
コンテナやクラウドのような新しい技術の導入もそうですし、IDEの利用やデバッグツールの拡充をはじめ、静的解析ツールの導入等もそうですね。
今後は各々が持っているナレッジを共有することで開発環境を向上し、文化作りにも繋げていきたいと思っています。