Sumzap

メニューを開く

インタビュー Interview

プロジェクトマネージャー

チームがゲーム制作のみに熱中できる環境をつくる

必要だと思うこと、自分でできることは背伸びしてでもすべてやる、すぐにやる

大学卒業後、広島でシステム開発会社に入って業務系のWEBプログラマーをしていました。そこでSE、プロジェクトマネージャーを経験し、東京事業所をとりまとめていました。

その後、先輩に声をかけていただいて企業の立ち上げに参画。ゲーム業界のプロジェクトマネージャーを経験してゲーム業界が好きになったのはこの頃です。少ない人数でも全員精鋭だといって、経験がない物事・職種もすべてやるしかない、という状況だったことを覚えています。

私が当時からずっと心がけていることは、走りながら考えること。物事を進めるために必要だと思うことを想像し、自分でできることは背伸びしてでもすべてやる、すぐにやる。

サムザップに入社して初めに感じたことは、No.1のゲームをつくる為に必要な事を考えてすべてやる、すぐにやる、という人が集まっているなということです。経験・年齢関係なく必要だと思うことはお互い議論します。また初めてのことでもみんな良い背伸びをして果敢にチャレンジする組織です。

チームとヒットゲームを作るためなら何でもする

現在、サムザップではスマートフォン向けのネイティブゲーム開発のプロジェクトマネージャーをしています。私の役割としては、チームを路頭に迷わせず、日々の課題を解決し、正しくプロジェクトを進行することです。

一番初めはチームが迷わず開発を進行できるよう、チームリーダーとキーメンバーを交えて正しく話し合い、今後のロードマップを引きました。チームがゲーム制作のみに没頭できる状況をいかに作るかを意識していて、各チームメンバーのゲーム制作以外の仕事で私ができることがあれば、必要に応じて巻き取ります。時にはUnityを触ってスマートフォン端末へのアプリビルドなんてこともやってます。

サムザップは、トップダウンではなくチームで決めたことを尊重しながら進めることができます。なので、新しい技術や新しいプロジェクトも果敢にトライできる環境です。

チームでとことんこだわって魂をこめる

サムザップのスローガンは、「熱中・こだわり・No.1」。これは会社にも、制作するゲームとチーム、メンバー個々にも言えます。サムザップには、熱中する人・こだわる人・No.1を目指す人、そんな人が集まっています。

チーム全員でゲーム制作に没頭して、熱中して、とことん話してとことんこだわって、世の中に至極のゲームを生み出していきます。まずは国内ゲームでNo.1とります。

一覧にもどる

他にもこんな本音のメッセージ