Sumzap

メニューを開く

インタビュー Interview

プランナー

丹精を込めて作ったものを届けたい

チャレンジが出来る環境に魅力を感じた

前職では、企業の業務支援システムや、組み込みシステム、BtoCのWebサイトの開発などに、エンジニアとして従事していました。

いろいろな事にチャレンジしてみたくなり、フリーのエンジニアとなって、様々な案件に関わらせていただいたのですが、モバイルゲームの開発も一度経験してみたいなと思った矢先、縁あってサムザップのお手伝いをすることになりました。

ゲームにはもともと興味があり、リリースしたものがすぐに数値となってダイレクトに返ってくるスピードの早さも自分にあっていました。

運用中のアプリとチャレンジ出来る環境に魅力を感じ、ここで働いていこうと思いました。

大事なのは役割ではなく、何ができたか

入社当初はエンジニアとして開発に携わっていたのですが、仕様を一緒に考え、マーケティング的な分析をしてレベルデザインなども提案していったところ、いつの間にかプランナーが本職になりました。

現在は、レベルデザインを主に担当するプランナーとして、数値周りの設定などを行っています。

エンジニアにはエンジニアの、プランナーにはプランナーの、それぞれ魅力も楽しさもありますが、経験してわかったのは、大事なのは自分が何を担当するかより、チームとして丹精を込めたアプリができたかどうかだと思ってます。

ついついプレイしてしまうようなアプリを作りたい

レベルデザインは、アプリの根幹となる部分ですが、専門的にできる人が少なく、伝えていくのも育てていくのも難しいと感じています。
その分、後進をきっちり育成していくのが一番大事なミッションだと思っています。
もちろん、個人としても、会心のレベルデザインで、ついついプレイしてしまうようなアプリを今後も制作していきたいです。

一覧にもどる

他にもこんな本音のメッセージ