Sumzap

メニューを開く

インタビュー Interview

ディレクター

変化する自分も成長する後輩の姿もたまらない喜び

ルーチン&安定はつまらない。トップスピードのスマートフォンゲームの世界に飛び込んだ

私は最初モバイルサイトの公式コンテンツの制作会社でFlashの制作やデザインを担当していました。もともと考えることが好きだったので、担当アプリが運用フェーズに入って手応えを感じなくなってしまった時、迷わずスキルアップのための転職を考えました。
ちょうどスマートフォンゲームが世に出始めた頃で、これは面白そうだと感じていた時にサムザップに出会いました。

入社してからは、常にアイデア出しと試行錯誤の連続です。
ユーザーを惹きつけるものをつくりあげるには、ディテールにこだわれるレベルまで知り尽くし、ノウハウを持っていないと難しいです。そのために研究し続ける必要性も感じます。

スマートフォンゲームはこれからまだまだ変化していく、大きな可能性を持ったマーケット。だからこそ次から次へと手を打っていく必要があります。その一つ一つの大変さが、自分の成長につながっていることを実感します。スマートフォンゲームが好きだから、やってみたいことだからこそ、自分がそれをやり続けられるだけの市場価値を持ち、高め続けていきたいと思っています。

デザイナーからプランナーそしてディレクターに。職種は変わってもチームでのモノづくりの快感は変わらない。

入社当初私はデザイナーとして、担当アプリのデザインとフラッシュ制作をし、その1年後にプランナーになりました。
サムザップではチーム内で職種を超えて話し合うので、個人として考えたことや感じたことがプロジェクト内で展開されます。その中で自分はアイデア出しが好きなことを実感するうちに「プランナーにならないか」と言われました。

サムザップでのプランナーは言わば原案の制作者というか、アプリのたたき台を作る人です。チームにそれを投げかけ、意見を聞き、ブラッシュアップしていく。アプリを作り上げていく上で中心になって試行錯誤する役割ですね。アプリのコアを作っているという手応え、楽しさがあります。

そして今はディレクターに。更に全体を見渡す立場ですが、やはりチームでのものづくりをして、その喜びを分かち合えることには変わりはありません。リリースした時は「僕らの作品」と呼べるものになっていて、チームみんなで喜び合う経験は、おそらく他の会社では味わえない快感だと思います。

もうひとつの重大ミッションは「新規プロジェクトのプランナー」の育成

組織が大きくなるほど新規のプロジェクトが増え、そのプロジェクトを担当できる人材が必要になります。私は、今まで新規のプロジェクトを担当してきた経験から、新しく担当できる人材を育てることも自分の1つのミッションとなっております。

今は、現場ベース実務ベースで試行錯誤しながらプランナーの育成をしています。さまざまなやり方があると思うのですが、私の場合、全てを伝えてやってもらうのではなく、実施する目的を伝え、その目的を達成する為にはどのようにするかを考えてもらっています。メンバー全員が作業者にならず、こだわりを持ってモノづくりを行えるようにする為です。
そうすることにより、アプリ全体のクオリティも高まりますし、メンバーの成長速度も上がります。また、「質問されやすい雰囲気作り」や、「新しいメンバーがコミュニケーションを取りやすいようにする」ことは意識しており、メンバー間でのコミュニケーションをとても大切に考えております。

最近は若手の成長も楽しみの一つになりました。少し前までは言わなかったことを物申してみたり、一人で考えてできるようになったり。今の中期的な目標は2つあります。あと2本自分でタイトルをヒットさせること、そして成長したメンバーが立ち上げたアプリもまたヒットすることです。

一覧にもどる

他にもこんな本音のメッセージ