Sumzap

メニューを開く

インタビュー Interview

デバッガー

挑戦、成長。やる気さえあれば何でもできる会社

初めはスマートフォンゲームに興味がなかった

前職ではSNSサイトの開発・運営や、BtoCのWebサイト開発エンジニアとして従事していました。仕事としては一定の満足感はあったものの仕事としての興味や自分自身の成長と言う意味では物足りなさを常に感じていて、転職の機会を伺っていました。

元々スマートフォンゲームにはあまり興味はなかったのですが、ちょうど流行りだした頃という事もあって、スマートフォンゲーム関連の求人が多くありました。 その中でもサイバーエージェントグループに興味があり、サムザップの面接を受けて話を聞いているうちに興味を持った事と、サイバーエージェントグループの文化にも惹かれて転職を決意しました。

思い返してみれば、学生の頃はゲームが大好きで、なんとなく「ゲームやグラフィックの仕事がしたい」という思いがありましたが、社会人経験を経ていく中でいつの間にか忘れてしまっていたのですね。
思わぬ形で夢がかなった感じです。

経験した事ないフィールドでもチャレンジできる環境が楽しい

元々私はエンジニアでしたので開発・運用に携わってきました。経験した事の無い事ばかりで苦労しましたが、それが新鮮で楽しかったのを覚えています。
前職では中規模会員数のSNSの運営をしていたこともあり、負荷対策等もやっていましたが、さらにその規模を上回っていました。 そんな苦しくもやりがいのあるエンジニア経験を経て、最近デバッグチームのリーダーを任せてもらえるチャンスをもらいました。

デバッグチームはバグが無いかをチェックする最後の砦です。単にテスト項目に書かれているテストをこなして、動作するかどうかを確認するだけではダメなのです。
それまでエンジニアとしてセルフデバッグはしていたものの、それとはまた違った感覚とスキルが要求されます。
またリーダーとして、メンバーの育成、管理、業務フローの改善、品質向上とスピードアップのための方法論の確立等、課せられたミッションは数多くありました。

デバッグはテスターに非ず

一般的に「デバッグ」と一言で言うと、「テスター」として捉えられているかもしれません。しかし我々の考えている「デバッグ」とはゲームとして正しく動作するかのチェックのみではありません。
仕様として矛盾はないか、負荷対策は十分されているか、ユーザーが気持ちよくゲームを遊べるかどうか、という所まで検証します。 私たちはそれを「QA(QuarityAssuarance)」「品質保証」と言っています。ゲームとしての品質が保たれているかを確認するのが仕事です。

また、今後のデバッガーとしての課題はスピード感だと考えています。 品質を保ちつつ、効率よくスピーディーに検証していく仕組み、環境を構築していく事で他社に負けないゲームを産み出していけると思っています。
「NO.1」を目指すサムザップですから、品質・スピードも「NO.1」を目指します。

一覧にもどる

他にもこんな本音のメッセージ