Sumzap

メニューを開く

インタビュー Interview

アートディレクター

情熱をもって 本気で挑戦出来る場所

自分達のゲームに対する情熱

サムザップに入社以前は、遊技機開発の2Dデザイナーとして働いていました。2012年頃に、昔から夢であったゲーム開発をしたいと思い、業界的にも成長期でもあったので、この業界に転職。前職でもイラストレーターとして入社し、そこでアートディレクターを経験しました。

サムザップを選んだきっかけは、会社として大きく成長している点と、その分チャンスの多い会社と感じた所でした。
入社して強く感じたことは、働いている人達が自分達の作っているゲームに対して情熱を持って仕事をしている事です。イラストを制作していく上でも、細かな設定や、誰に制作してもらうかなど、しっかり考えた上で一つ一つを大切に作っています。

成長や挑戦のチャンスがある

サムザップ入社当初は『戦国炎舞-KIZNA-』『戦国SAGA』のアートディレクターとして配属され、以降は新規ゲームのアートディレクターとして、複数の案件に携わってきました。

現在は、主に『戦国炎舞-KIZNA-』『戦国SAGA』のイラストのディレクションをやりつつ、会社全体のイラスト部署マネジメント業務を行っております。以前よりも、任される業務の幅や責務も大きくなり、大変な事も沢山経験しました。しかしその中で、多くの人達と関わり、一緒になってゲームや会社を作っていける環境にやりがいを感じております。

新しい挑戦に向けて

今の目標は『戦国炎舞-KIZNA-』『戦国SAGA』に続く、多くのユーザーが楽しんでいただける新しいゲームを作る事です。
現在、市場でのクオリティ水準が急激に上がっております。その中でも、クオリティはもちろんの事、多くのユーザーに気に入っていただけるクリエイティブを作っていきたいと思っています。

一覧にもどる

他にもこんな本音のメッセージ